写真用語

太陽光のバウンス

073-moon-15_1-s
好天に恵まれて、皆既月食を拝む事ができた。
いつも同じ顔を向けている月。
子供のころは月を一枚の円としてとらえていた。
そして月の光は当たり前のこととしてとらえていた。 
考えてみると実は、地球に届いている光は太陽のバウンスである。
写真用語でバウンスとは、照明を一旦レフ板や白い壁などに当てて
反射して来たソフトな光を被写体に当てるという手法だ。
月のバウンスした光は、夜の土中深くしみ込み丈夫な発芽を促すとも言う。
月食はそのバウンスの光路が地球自らが邪魔をした訳だ。
だから地球のシルエットが逆に月に描かれるというロマンなのである。